2015年09月22日

天気が良いので、2016SPECに向けてDIY&P-ZERO NERO GTは如何に?

シルバーウィーク2日目〜つばさっちです。

ええ、ちゃんと赤い日は休みなので、休んでますよ(笑)
ただね…昨日は天気悪かったし、蒼輝は部活なかったけども、いつもの買い物で終わり。
今日は遠出でもしようかと思ってたところ、夕方に墓参り行くってことで、遠出中止。
明日は午後から蒼輝が部活。
明後日は連休最終日なので、疲れを癒やしたい。
ってことで、バリッとした予定がありません(爆)
まぁ給料日前でお金もないことですしね、ゆっくりしますよ(^^ゞ
とりあえず先日…とうとう手を出してしまったレンタルDVD「紺碧の艦隊」を2つ借りたので…
…ドツボにハマるんだろうなぁ…(爆)
ま、そんな感じでございます(笑)

ということで、遠出する予定がなくなったので、明後日やろうと思ってたことを今日やってしまうことにしました。
天気も良いですし〜外で作業するには絶好でしょう〜

ええ、「ノーチラス号2016SPECへの道」です(笑)

絶好のDIY日和なのでDIYを.jpg

先に書きます…画像多いです。
できるだけ簡単にいきたいと思います(笑)

で、今回はエアクリーナーを、今の前に使ってたK&N APOLLO C.I.S.を改めて取り付けます。
ええ、先日のNHGTSで、ピークパワーが落ちていたのが分かりましたし、あと案外純正エアクリーナーボックスだと、「吸気温度が保たれる作り」になっているようで、なかなか下がらないのが気に食わなかったんです。
それに…ちょっとさみしかった(爆)
で、ただ以前と同じままというのは芸がないし、そもそも前々から考えていたことがあったので、そうすることにしました。
それはこれ。

倍以上に長い新しいホース.jpg

右の黒いホースが、前回使用してたシリコンホース。
赤くて曲がって長いのが、今回新調したシリコンホースです。
少し長く、多少曲げたもので、吸気管の長さを確保して、且つできるだけ熱害を受けないようにしようと言う魂胆ですね。

ただ懸案がありました。
実はこのホース昨日届いたんですけども、部屋で仮にK&Nを取り付けてみたらですね…
でかい…入るのか?.jpg

デカイんですよ(爆)
これ、入らないかも…って…
なにせ狭いエンジンルームですからね。
それでこれまで幾度も苦労してますから…

ま、とりあえずバラします。
まずはエアクリーナーボックスを外すために、バッテリーケースを避けないといけないので、バッテリー外して、ケースも外して…
バッテリー外して、すっきりと。.jpg

で、エアクリーナーボックスも外して…
エアクリーナーボックス撤去〜.jpg

で、懸案だったホース&K&Nを置いてみましたらね…

試しに並べてみるも、やっぱり無理(笑).jpg

案の定全く無理(爆)
まぁ…想定内ですよ(笑)
で、見比べてみると、ファンネル部分を外してしまえば入りそうだと…で、外して取り付けしてみると…

ファンネル取って、やっとギリギリ入る….jpg

入りました!
しかし…周囲とギリギリ…これだと流石にエンジンが揺れ動いた時に当たります…
ということで…
ホースをぶった切ってやりました(笑).jpg

新調したシリコンホースを、躊躇なくカッターで切断してやりました(爆)
…ええ、これも想定内です。
多少でも吸気管を長くできれば良いと思ってたので、これでも構いません。
で、これ異径のホースなのですが、太い方を切りました。
細いほうが流速を稼ぎやすいですからね。

で、改めて切ったホースで付けてみると…

短くなって余裕ができました。.jpg

おぉ…余裕ができましたなぁ(^^♪
さすがにファンネルは付けられませんが…でもやっぱり付けたいなぁ…
ということで、ちょっと思いついたことをやってみることにしました。

ふと思い立ちプラスさせます。.jpg

手持ちであった、細いシリコンホースです。
過去にこんこん号の形見のK&Nフィルターを取り付けてた時に、ブローバイキャッチタンクまでに使うホースとして買ったホースの切れ端ですね。
これを工夫して付けてみました。

ふちに付けて、ファンネル効果を….jpg

こんな感じに。
ホースを縦に切り込んで、片側をめくれるようにしたんです。
で、その切れ目にフィルターのヒートシールドにはめ込んで、入り口を球面上にすることで、ファンネル効果を得ようというわけです。
たぶん、そのまんまよりは、流れが良くなっていることと思われます(謎)

で、これとは別に、もう1つ問題がありました。

届かない純正ブローバイホース.jpg

ブローバイホースです。
以前の時は、純正のホースをそのまんま使いましたが、今回位置を伸ばしたせいで、ホースが届かないのです。
で、以前にるりRくん(ワゴンR)で使用したシリコンホースの切れ端があったはず…と思って探してみたんですけど…
…出てこない〜(T_T)
わざわざるりRくんのところまでいって探してきましたが…やっぱり無い〜(T_T)

ということで、とりあえずホースは組まずに、そのまま周囲を組み付けることにしました。
改めて組み上げます。.jpg
あとでホースを買ってきて、付けることにしました(^^ゞ

で、もうどんどんと組み付けて…

もう少しでとりあえず組みあがり.jpg

以前の遮熱板を違う風に流用.jpg

そうそう、以前に付けてた時につけていた自作遮熱板。
今回もちょっと利用してみました。
遮熱板というよりは、ラジエターからの熱風を直接エアクリーナーに行かないようにするための導風板といったほうが良いですね(^^ゞ

ということで、ブローバイホース以外は完成です。

で、とりあえず完了。.jpg

で、ホースを買わねばならないので、たぶん無いな…と思いつつ、近所の里塚イエローハットに…



無い(爆)
…これも想定内(爆)
バキュームホースのしかありませんでした(^^ゞ

ということで、今度はホームセンター系で、適当なホースを買うしか無いので、近所のカインズホームで買うことに。
まぁここにはシリコンホースはなくても、耐油ホースはあるだろうと。
ということで、切り売りでありましたので、30cm分購入。

カインズホームでホース購入。.jpg

30cmで、90円(税別)でした(笑)
コスト的にありがたかった(笑)
シリコンホースって高いですからね(^^ゞ
ちなみに今回新調したシリコンホース…64/70mm内径、45度エルボホース…ヤフオクで¥4300位もしました。

で、これをそのまま、サージタンク側に差し込もうとするのですが…
ホースが刺さらない…

で、外した純正ブローバイホースと比べてみると…
なんと純正ブローバイホースは異径タイプだった….jpg

なんと純正ブローバイホースは、異径タイプだった模様…
サージタンク側は、太くなってました…
そんな異径タイプのホースなんて売ってませんからね…ちょっと困りました…
で、ちょっと考えて、エアクリーナー側のホースの太さはほとんど一緒なので、ちょっと不格好ですが、ホースジョイントで繋げてみることにしました。
で、改めてカインズホームでホースジョイントを購入。

ホースジョイントで繋ぐことに。.jpg

エアホース用ですけども、どうせ金属なのでこれで良いと(^^ゞ
で、付けてみましたら、純正ブローバイホース側がぶかぶかだったので、手持ちのホースバンドで締め付けて…OK!

で、こんな感じになりました。
こんな感じに接続.jpg

純正ホースがそもそも曲がってるので、そこが不格好ではありますが、でも思ったより悪くない見た目かな?(^^ゞ

ということで、やっとこさ完成です(^^ゞ

こんな感じなエンジンルームに….jpg

できあがり!@.jpg

スペースも大丈夫です。
スペースも充分!.jpg

正面から見るとこんな感じに…
正面からだとこんな感じ。.jpg

K&Nのロゴが見えにくいですが、ま、しょうがないですな(^^ゞ

で、GEOにDVDを返却しなければいけないので、試乗がてらGEOに…
あと、洗車もしたかったなぁ…って思ってて、いつものスタンドに行こうかなって思ってたら、急に雨が…^^;

雨降ってきたので帰って来ました.jpg

ということで、帰って来ました(^^ゞ

で、走らせてみた感じなんですが…なつかしぃ(笑)
やはり純正エアクリーナーボックスの、低速トルクの強さはなかなかだったようです。
ええ、多少低速トルクが痩せましたね(^^ゞ
その代わり…というか、トルク痩せのせいか、高回転が良くなったような気がします。
低速トルク痩せましたけども、でも大きな落ち込みは無く、通常走行では違和感なく走れるので…
…まぁ前にK&Nつけていた時と大差無いってことですね(笑)
あとは、サーキットで最高速がどう出るか…
もしかしたら、いいファンネルを見つければ、手に入れて付けるかもしれませんが…やっぱり難しいかな?
スペースがねぇ…(^^ゞ

で、性能面以外にも、やはり音。
これ大事。
嫁さん音が好きだったようですからね(笑)
で、今回はホースが長くなったのと、入り口を少し下向きに、そして少し後ろ向きになったので、車内にアクセルを開けた時のエンジン音が聞こえやすくなってます。

…ええ、以前より全然音が大きい(笑)

で、夕方に…ほら、今は秋の彼岸ですからね。
お墓参りに行ったわけですよ。
で、嫁さんに聴かせてみたら…

「…なんだか音が下品になった」なんて言いやがりました(爆)

ええ、はっきり聞こえすぎるので、脈動がバリバリ聞こえるんですよ(^^ゞ
なので、高回転まで回してやってみると…
「…いい感じ」だそうです(笑)
脈動が細かくなるので、上品に聞こえますからね(笑)
しかし、こう…音で変化が出るようになると楽しいですなぁ…(笑)
この音並みにパワーアップしてくれていれば良いんですが、さすがにそこまでは無い感じで(爆)

ということで、動画も撮りました。
走行中じゃなくて、空ぶかしですけどね。



ホースが長くなった分、エアクリーナー本体がブレてすごいですが、まぁでもこんなもんでしょう。
吸気音も僅かに聞こえますし、やはりスロットルから聞こえるエンジン音が勇ましくなりましたな(^^ゞ
ええ、こういう聴感…気持ち的に大事ですから(笑)
さ、あとは来季ですな(^^ゞ

で、先日新調したばかりのタイヤ…ピレリのP-ZERO NERO GT。
NEROの性能向上版でございますが…うん、確かに向上していると思います。
グリップ力は、P7000と同等ですね。
そのP7000は、ハイグリップラジアルに迫るグリップ力を持ってましたから…これもそんな感じです。
コントロール性もよく、タイヤの鳴きもはっきりしてて、とても扱いやすいタイヤでした。
ということでNERO GTは、以前のNEROよりはグリップ力が高く感じました。
NEROは…速度記号の違いからか、もう少し硬い感じだったんですよねぇ…P7000のほうが偏平率低いのに。
NERO GTの方がしっとり感があるように思います。
で、それこそ速度記号の違いもあるかもしれませんが、乗り心地もスポーツタイヤとしては柔らかく、でも不満のないレベルでしっかり感もあり、とても優秀なタイヤだと思います。
で、肝心な性能向上項目である耐摩耗性能ですが…これはあまり変わってないかも知れません(^^ゞ

まずは一番過酷だった、左フロントタイヤ…
左フロントは予想通り結構減った。.jpg

一番減ってるところで1.5mmは減ったでしょうか…まぁでもP7000よりは減らないですね(^^ゞ
あと標準空気圧では圧が高かったようで、中央ばかりが減ってしまいました。
なので、今はフロントで2.2キロ(標準だと2.4キロ)、リアは1.9キロ(標準は2.0キロ)にしてあります。
それでも高いかもしれませんけども、エクストラロード規格なので、ある程度高めにしてないとねぇ…(^^ゞ
右フロントもなかなか減ってる.jpg
これは右のフロント…左寄りはマシですが、やはり中央部〜内側が減ってますね。
それだけ左側に負担が大きいのがクラブマンコースってことですね。

が、しかし、リアは全然傷んでません。
右リアはバリバリ!.jpg

これは一番傷んでない右リアですが、0.5mmぐらいしか減ってない感じ。
左リアも同じような感じです。
でもちゃんと綺麗に…こういう足回りにしては優秀な減り方だと思います。
そこそこアライメントが合ってるんですね。
やや外側寄りに摩耗してるんですが、でもこういう足回りは仕方ないですからね(^^ゞ
調整できませんから。
ナックルとアクスルの間にシム入れて…じゃないと無理ですから。
って、既に入ってるからいい感じなんですけどもね(^^ゞ

ということで、このタイヤ推せます。
速度記号を選べるのであれば、低い方を推します。
たぶん高い方は、乗り心地が固くなると思いますし、スポーツ走行時はグリップ力が落ちてそうな気がします。
なので、私のように欲張りで、且つ幾らかコストを下げたいのであれば、このタイヤ推しますよ〜。
大径低扁平しかサイズが無いですけどね(笑)

ということで、今日はこの辺で…
…紺碧の艦隊見なきゃ(爆)


posted by つばさっち at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ノーチラス号
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164101867
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック