2016年02月07日

冬はやっぱり爆音化(^^ゞ

う〜ん、悶々とするなぁ…つばさっちです(^^ゞ

まぁ…色々とねぇ(^^ゞ
うちのおにいちゃん蒼輝…やっぱり部活に行かない…
今日は三年生の引退のイベントがあったようで、いくように連絡があったようなのですが…それすらも行かない^^;
これはさすがに私も言ったんですけどね…礼儀の問題だから。
でも行かない…もう反抗期ですからね(^^ゞ
しかし、どうするんだ…逃げてばかりで^^;
まぁ困るのは蒼輝本人ですがね、その後の学校生活にも影響が出かねませんのでね…心配ではありますね。
で、私もねぇ…(^^ゞ
先日の同窓会で…まぁIT的クリエイティブな仕事についてる人が多いなぁ…なんて(^^ゞ
私もそっち方面の職に就く予定だったのになぁ…
専門学校出た後に、無理してでも上京すればよかったのかなぁ…
ま、今言ってもしょうがないお話です(^^ゞ

で、その同窓会が終わったあとに、数人をノーチラス号で送ったんですよ。

で、言われた一言。

「マフラーうるさい」(爆)

ええ、今のFactoryshop風さん製ワンオフマフラー、冬期間の無限と大差ないぐらいにやかましくなってきました^^;
無限ほどバリバリ言ってませんが、でも音量的には大差無いです。
う〜ん…せっかく気合入れて作ってもらったマフラーなのに…
まぁ夏になれば静かになることはわかってますけどね。
「これは酔うわ」とまで言われると、気にしないわけにも行かないなぁ…

ということで、ここで3つほど選択肢が浮かびます。

@、バッフルを付ける
A、前の無限マフラーを付けてみる
B、マフラー作る(爆)

@、バッフル(サイレンサー)を付ける
まぁ少ないコストで消音できる方法ですね(^^ゞ
すでにヤフオクで使えそうなものをウォッチリストに入れてあったりします。
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r127956092
私のマフラーは、テールパイプ60φのW出しなので、これが2つ必要。
約¥3000強でしょうか?
これで音量が抑えられるなら良いですね!
ちなみにこれは、中の細い方のパイプ径が28φとのことなので、某雑誌の独自の計算でシングルパイプの径に換算すると、(28+28)2/3=37.5φぐらい。
まぁ多少細いけども、馬鹿みたいに細くなったわけじゃないですね。
軽自動車の純正サイズぐらいの太さでしょうか?
これから冬期間だけだし、気にならんだろうと。
しかし問題があって…テールパイプに、バッフル固定用の穴を開けないといけません。
で、私は穴あけに自信がありません^^;
平面に穴を開けるならいいんですけども、湾曲してるでしょ?
これはもう、万力か何かでマフラーを固定して、きっちりと切れ味の良い歯を使った、良いドリルを使用しないとダメ。
…悩みどころです^^;

A前の無限マフラーを付ける。
取り付けた無限マフラーの全貌.jpg
ええ、ちゃんと取っておいてあるんですよ(^^ゞ
性能もわかってますし、音量もわかってます。
音質も良いですしね(^^ゞ
そして冬期間は、えらく爆音化することもわかっています。
ただし現在室内保管なので、中身が凍りついてることはありません。
なので、一時しのぎで無限に取り替えてしまうことも考えますね。
ただ一時しのぎのために、わざわざマフラーを寒い中交換作業するのも嫌だし(爆)
そもそも性能が良いのもわかってるので、交換後そのまんまで言ってしまう可能性も(笑)
となると、せっかくの今のマフラーの存在理由が、ほとんど無くなってしまいますもんね(^^ゞ
見た目が違うだけで、性能的には大差ないんですから(^^ゞ
プライド的にも、ちょっと考えどころ…

Bマフラー作る(爆)
…出た、病気(爆)
不治の病です(爆)
持病の癪です(爆)
でもね、さすがにお金がありません(笑)
なにせ、春先にはワゴンRに沢山お金がかかるので(^^ゞ
車検ありますし、夏タイヤも新調しないといけません。
それにノーチラス号にも、他に少し予定がありますし…これはどうするかわからないですけども…
でも…やってみたい(爆)

…ということで…あ、一応ですよ?
いやいや、やりませんって。
とりあえずですよ。
…ヤフオク眺めてます(爆)

ということで、今日はこの辺で(大謎)
posted by つばさっち at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ノーチラス号
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173660535
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック