2017年03月26日

エアバッグ診断のために新機種導入!が、しかし…(T_T)…でも良くなった(笑)

絶賛身体痛み中です(^^ゞ…つばさっちです。

ええ、ただいま通院中。
左膝が痛いのと、右手が痛いので、現在2つの病院通ってますよ(^^ゞ
右手は2〜3年前に、腱鞘炎と手根管症候群のなりかけ状態だったので、たぶんそれの再発…
で、膝は…たぶん膝裏の腱がやられてるんですが、今回いずれもまだそこまで診断できていないので、通うしか無いわけです。
たぶん…膝裏のも、この腱がやられてるんでしょうな…
本当は、左手&左足首もちょっとキてるんですが、まぁそれはおいおいと…
いや、通ってるうちに見てもらおうか…
ま、それはその時でいいや(^^ゞ

で、先日プリテンショナーの交換をしても、エアバッグ警告灯が消えなかったノーチラス号。
あとは配線を見直すしか無いわけですが、いちいちディーラーで診断機繋いでおかしい箇所を探すのもめんどくさいし、その都度¥3000+税取られるのも癪なんですよ。
なので、この際診断機を新たに導入しようと思いたち、Amazonで検索したら、思ったより安価であったので、それを買ってました。
Amazonで仕入れた新機種!.jpg

で、物はこれ!
AUTEL AL619の新機種!.jpg

AUTELのAL619という、AUTOLINKシリーズでは最上位機種です!
これがAmazonでは\16000でありました!
定価はちなみに、Amazonで\46000!って買いてありましたが、これ扱ってるショップで多少違いましたね(^^ゞ
今ライブデータ確認用で、ノーチラス号にあるMS310は古い機種で、しかも…これたぶん…
モンキーモデル?
コピーモデル?
本家AUTELのサイトで出てこない(笑)
まぁでも使えてるからいいんですけどもね(^^ゞ
AUTOLINKシリーズは、その(MAXI SCANシリーズ)後継シリーズで、そのトップモデルです。
これは、MS310でもできるOBDのエンジン診断に加えて、O2センサーの単独診断と表示項目の増加、そしてABSとエアバッグの診断までできる、個人で使用する分には十分な機能を持ったOBDテスターです。
これ以上となると、エアコンだったり、他電装品などの診断ができるモデルになりますが、そこまで要らないですしね(^^ゞ

で、上位機種になると、扱いも良くなってて…
こんなケースに入ってる!.jpg
こんな専用ソフトケースに入ってます。
MS310は、安物トランシーバーのようなパッケージ(紙に透明プラでパッキングされてるだけ)で、専用ケースなんてありませんでしたからね(^^ゞ
物はこんな感じ。
物自体はこんな感じ.jpg
本体の周囲に、黒いゴムで覆われていて、なんとなく上質でした。

ということで、早速繋いでみようと、ある日の仕事が終わった後に、繋いでみることに…

煌々と点灯するエアバッグ警告灯(笑).jpg
煌々と点灯するエアバッグ警告灯&スパナマーク。
これを解消しないと、車検NGですからね…案外死活問題だったりしますから、やはり必要ですね。
こういうツール。

で、早速OBDコネクタに、結線してみます。

案外きれいなカラー液晶画面.jpg

おぉ…おもったよりもキレイに見えるカラーTFT液晶画面。
解像度も思ったより高いかも。

日本語化しました!.jpg

言語も当初は英語とスペイン語でしたが、ユーザー登録して、出品者に問い合わせてることで、日本語化されました。
というか、画面上は何カ国もモードが有るんですが、表示できるのは2カ国語しか無いんだそうです。
その1つの枠を切り替えるということみたいで、それを出品者がメーカーに問い合わせて、シリアル番号からその設定を切り替えて、本体設定のファームウェアを更新することでできるようになるってことです。
まさに正規品ならでは…ですね!
で、今回用事があるのは、「ABS&SRS」なので、そのところに行くと…

あれ…ワーゲンしかでてこない….jpg

あれ?VW…フォルクスワーゲンしか入ってない…
ダメ元で、ワーゲンで接続してみるも…

ワーゲンじゃつながらないか….jpg

案の定通信エラー…

あ〜ファームウェアをインストールしてやらないといけないのか…
ということで、家に持ち帰って、付属のマイクロSDカードをパソコンに挿入して…付属の専用ソフトからファームウェアのインストールを試みます。

ルノー…ルノー….jpg

ルノー…ルノー…

ルノールノー….jpg

ルノー…

ルノー…ないのか?.jpg

あれ…ないなぁ…

ルノーがない….jpg

う〜ん…やっぱりない…

で、日産でもあとでやってみたんですが、やっぱり駄目…
というか、なんでルノーがないのだ…
Amazonの商品説明では、ルノーはあったぞ…

ということで、改めて出品者に問い合わせるものの…VINコード(車体番号)を教えてくれとのことで、ノーチラス号のVINコードを教えました。
しかし、その後音沙汰がない…

ということで、どういうことかを色んな角度からネット検索してみたら…



AL619って、ルノーはだめじゃん!ってことが判明(爆)
ルノーだけじゃなくて、イタリア車、フランス車は全滅でした。
どうもイタリア車、フランス車の場合は、AL619EUというモデルが適合らしい…

…商品説明と違う〜!

ということで、失意の中出品者に「商品説明と違うから返品します」ということで、返品することになりました(T_T)
非常に残念…
で、このやり取りの際に、直接国際発送で中国の住所に送ってくれ…って…
え〜やだ〜…
というか、これショップはAmazonではないですが、発送の取扱はAmazonだったのです。
で、サイト上の手続きでも、返品先はAmazon宛になってたので、よくわからないから、Amazonに問い合わせたら、Amazonに着払い返送でいいとのことなので、そのようにしました。
そしたら、ちゃんと返金手続きをしたとの連絡もあり…
なんとか私の小さな胸をなでおろしたということです(笑)
…胸が大きくても嫌ですけどもね(^^ゞ
…ええ、胸は小さくていいです…こう手のひらサイズ…って、そういう話じゃない?(爆)

しかし、診断機が無いと、後日の結線しなおしも、めんどくさいなぁ…
まぁでもエアバッグのは、これまでの経験上、ちゃんとなれば速攻で警告灯消えてくれるので、それでいいか…期待しておこう…

ということで、とりあえず放置してみたんですけども、今日ふと思い立ち、過去にもやった「配線ゴニョゴニョ作戦」をやってみたら…

ごにょごにょしたら消えました(笑).jpg

…警告灯消えちゃいました(笑)
ということで、もうこの件は、これでいいことに(笑)

ええ、点いてなきゃいいんです、点いてなきゃ(笑)
これで作動もするようになりますし、車検も一安心です(^^ゞ
よかったよかった…

ちなみに、「配線ゴニョゴニョ作戦」というのは、シート下にあるエアバッグ&シートベルトまわりの配線の束をゴニョゴニョ揉むという作戦です。
この辺をごにょごにょしたら消えたんです.jpg

で、今回思ったのが、結線した場所じゃなくて、他のところがおかしいんだなってことですね。
恐らく、コネクタ周りで線が抜け掛けてるか、途中で断線しかけてるのかもしれません。
となると、このバケットシート&シートレールはSCENEさんで付けてもらったので、その作業の際に、ちょっと引っ張ったかなにかで、おかしくなったのかなぁ…とも思いますが、このように治るので、まぁいいやって感じです(笑)
また点いたら、これまでのように、「配線ゴニョゴニョ作戦」で済ませよう(笑)

ということで、気分が良くなった&車があまりに汚いので…
1ヶ月ぶりの洗車もした!.jpg

洗車!
で、コーテイングもしようとしたんですが、CCウォーター+が既になくなっていたことを忘れてて…
ということで、今回は洗車機で一番高いプリズムコートってやつを奢ってやりました!

コーテイング剤きらしたので、洗車機のプリズムコートを施行.jpg

艶は…そんなに出ないかな…(笑)
でもボディはスベスベになりました(^^♪

で、そうそう!
先日ヘッドライトのバルブキャップ…付けたじゃないですか。
これまでは洗車機をくぐると、多少水が入って曇ってたんですけども…

よし!水入ってないぞ!.jpg

…バッチリです!(^^♪
もう水は入りません!
熱の問題も、今のところ大丈夫なようで、ちゃんと今でもLEDライトは点いてます(^^♪

で、きれいになったので、今度は給油!

洗車の後は給油!キレイ!.jpg

先週1度苫小牧まで往復したのもあって、今回の燃費は8.0L/100kmというオンボード表示でした。
で、実際給油したら、276km走って、22.4L入ったから…12.3km/lぐらいかな?
数字忘れた&レシート捨てちゃったので(笑)
ちなみに通勤だけだと、リッター9〜10kmぐらいです(^^ゞ
片道5kmの信号の多い&坂道もある市街地走行ですから、これでもただのガソリン車と見たらいいほうですね(^^ゞ

うん、今日はいい日だ(笑)
ということで、今日はこの辺で(^^♪


posted by つばさっち at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ノーチラス号
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179208319
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック