2017年04月16日

棚からぼたもち的に、ちょいと解決(笑)

昨日放送してた、「劇場版名探偵コナン 純黒の悪夢」を見てます。つばさっちです(^^ゞ

…う〜ん、面白いですねぇ(笑)
でも…もう少し深くてもいいなぁ…内容が(^^ゞ
でも黒の組織ネタなので、「漆黒の暗殺者」、そして「異次元の狙撃手」からの流れがあって、楽しめます。
で、地味に「シャア」VS「アムロ」の対決も…(笑)
…これは分かる人はわかるネタね(^^ゞ
あとで、スペシャル版のやつの「FBI VS ベルモット」のやつでも見ようかな?(^^ゞ

で、今日はちょっとまた別のトラブルが発生…ノーチラス号に(^^ゞ

ホーンが鳴らなくなった…

でも、これは全然予測できましたので、仕事が終わって帰ってからプチ作業です。
まぁヒューズ交換で済む予定なのです(笑)

ということで、ヒューズボックスの蓋を開けます。
ホーンのヒューズが切れてたので….jpg

あ〜…やっぱりヒューズ切れてる…
というのもですね、ホーンボタンがすぐ取れちゃうんですよ。
すぐに取れちゃうホーンボタン.jpg
で、取れた時に、またはめ直すんですが、その際にギボシがボスに当たったりして、ショートさせてしまうことが過去にもあったんです。
なので、ヒューズかな?って思ってたら、案の定だったということです。

というか、もういい加減この取れちゃうホーンボタンをなんとかせねば…

ということで、この穴の内側に、ビニールテープを貼り付けてやって、そこにはめ込んでやりました。
1周するぐらいしか貼らなかったんですが、結構な抵抗になったみたいで、とりあえず大丈夫そうです。

で、ここでふと思いつきました。
…このヒューズ交換で、OBD復活するんじゃね?って。

ええ、案外あるんですよ。
関係ないと思うところのヒューズが、実は関係あるパターン。
で、ホーンは常時電源で作動するので、エンジンOFFでも鳴ります。
で、OBDも常時電源で作動してるので…関連性がなくもない…

ということで、試しにコネクタに差し込んでみたら…
プロレーシングとMS310(参考画像).jpg
…復活しました(笑)
あ、ちなみに画像は…参考画像です(^^ゞ
ちゃんと今回撮影したんですけど、間違えて消してしまったので…イメージということで(笑)
ほら、こんなに雪が…(笑)
今は全然ありませんからね、雪。
…夏タイヤにしたいなぁ…(爆)

ということで、1つ勉強になりました。

ホーンのヒューズが切れたら、OBDコネクタも使えない!

これルノーだけかもしれませんが、一応皆さまも記憶に入れておいてもいいかもしれませんね(^^ゞ
って、ホーンのヒューズが切れるなんて、なかなか無いでしょうけども(笑)

ということで、棚ぼた的にマシントラブルが解決したので、ついでにサイドエアバッグの配線も見るだけ見てみました。

エアバッグキャンセラー….jpg
これは抵抗があるところですね。
エレキトリックタップで接続してます。
でも、エアバッグキャンセラーに使うのはあまり良くないって話です。
抵抗値が変わるからでしょうね。
これは手が復活したら、電池駆動の半田ごてで、はんだ付けして見る予定です。

あと…コネクタ周りも一応見てみました。

SRS関連のカプラーです.jpg
これがエアバッグ関連のコネクタです。
もう1つコネクタが有るんですが、そっちはシートベルトですね。

で、とりあえず外してみました。
カプラー外してみた.jpg
このカプラー、親切設計でしてね、この黄色い部分を引き抜くと、カプラーも取れてきてくれるんです。
これいいなぁ…
国産車などは、爪がついてて、その反対側を押し込んでロックを解除する感じですが、コレの場合は、ロック自体を引き抜く感じ。
で、抜くと同時に外れると…これなら爪を折ってしまうこともないし、接続も確実でいいですね!

微妙に不揃いだけど…異常なし.jpg

ということで、そんな接続方法です。
おかしいわけがありません。
で、中のピンを見てみると、ちょっと不揃いですが、差し込みには支障がない程度のズレ。
やっぱりなんともないか…
やはりはんだ付けしてみないとダメだな…
それでだめなら…ハーネス交換?
…いくらするんだ…絶対高い…
ルノーは部品高いんですよねぇ…ベンツやBMWよりは安いですけど。
いずれにしても、11月まで…いや、色々と思案して…8月までに…ですね…
なんとかしないと、車検を通せなくなってしまいます。
実際乗れる車でも、たかだか警告灯の1つの点灯で、しかも走行に支障がないものでも、点灯してると車検NG…もう乗れなくなってしまいます。
他にもオイル漏れなど、グレーゾーンっぽいところも、判断の徹底化が言われているため、ヘッドガスケットからオイル漏れしてきているノーチラス号は、地味に法律上結構崖っぷちだったりします^^;

って、先日ブログで紹介した…ほぼ1ヶ月ほど前ですね。
その時に軽微なオイルにじみをヘッドガスケットのあたりから見つけてしまったわけですが…
1ヶ月で、そこそこにじみが広がってきてます…
ということで、明日取り急ぎオイル交換をルノー札幌さんにお願いする予約を入れてます。
その際に、こいつを入れてもらう予定。

シュアラスターのオイル漏れ止….jpg

シュアラスターLOOPのオイルストップリーク。
オイル漏れ止剤ですね。
よくある漏れ止剤は、シールの復活剤っていうのが多いのですが、それだとダメなんです。
ヘッドガスケットからのオイル漏れなので、オイルシールを復活させてもダメなんです。
隙間をそのモノで、なにかしらの作用で塞ぐタイプでないとダメなんですね。
で、以前に利用した飛燕の漏れ止剤も考えたのですが、これも説明を見ると良さそうだったので、これにしてみました。
さて、これが効いてくれないと…ヘッドガスケット交換が待ってますね…

…いくらするんだろう…ヘッドガスケットの交換って。
見た感じ、ヘッドガスケットはメタルヘッドガスケット。
何層にもなっているタイプじゃなくて、薄くて一枚ものっぽい、もろ金属製のガスケットだと思います。
そして、分解などの工賃も高いだろうねぇ…
水も抜くので、クーラント代も掛かるし…たぶん10万以上は掛かる見込み…

というか、最近は、私のいじりが原因のもありますが、修理代が連続してかかっていて、懐が結構きつかったりします。
連続してなければ、「まぁ仕方ないか…」とも思いますけども、ほぼ3ヶ月毎ぐらいに修理代が…しかも去年からは6桁台が連続…

…まぁ色々と考えてしまいますな…
…車検も控えてますしな…

ということで、明日が結構鍵だったりするかもしれません。
どうなるかな…
お金が掛からない方向になって欲しいと、切に願いますね(^^ゞ

ということで、今日はこの辺で(^^ゞ

posted by つばさっち at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ノーチラス号
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179451517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック