2018年11月07日

こんこん号R…祝納車満1周年!…と、2日(笑)

いや〜めでたい(笑)…つばさっちです(^^)

いや〜早いもんで、我が愛車であるこんこん号Rこと、ルーテシア4 ZEN MT。
11月5日をもって、納車満1周年を迎えました(^^)
ルーテシア3からルーテシア4に.jpg
…ノントラブルで(笑)←外車である以上、ここ大事(笑)

で、およそ1年での総走行距離は…
11月7日現在の走行距離.jpg
9140km走行しました。
先日のむかわ町での行程の段階で、9000kmを超えましたね。
なんだか今シーズンは、距離が伸びたなぁ…って…そりゃ…

北海道最南端に到着!.jpg
ゴールデンウィークに北海道最南端まで行きましたし…

本土最東端納沙布岬.jpg
お盆には日本最東端まで行ってきましたからね(笑)

あ…ホームページ…更新しなきゃ…月内中には「つばさっちVoyage」の更新をするぞ!(笑)

それもこれも、やはり楽に燃費良く走れるこの車だからですねぇ…(^^ゞ
ちなみに、今日現在の燃料消費量は、34.7L。
34.7L使用…^^;.jpg
…燃料メーターを見てください…。
この車、諸元上燃料タンク容量は45Lなのですが…半分少し切った状態で、この使用量…
たぶん実際のタンクの容量自体は、ルーテシア3と変わってないんだろうなぁ…
燃料を入れる際に、ストッパーが働くところで給油を止めていれば、諸元通りの容量になるんでしょうけど…止まってから10Lぐらいは入っちゃうのでねぇ…今のところ不具合もないので、いつも本当に満タンに入れてますが(^^ゞ(笑)

ということで、この1年における、ロングインプレッション的に、いろいろと気づいたことや、根拠のない考察などなども書いていきたいと思います。

・アイドリングストップ機構
マニュアル車では、殆どないであろうこの機構。
ギアがニュートラル時に、車速が時速7km未満になるとエンジンがストップ。
クラッチを切ると再始動するという、シンプル且つ合理的な作動です。
これね、ホントに良いです。
AT車のアイドリングストップは、ブレーキペダルをやや強めに踏んでないと、アイドリングストップにならないものが多いのですが、これしんどい時はしんどいのです。
軽く踏んでるぐらいだと、エンジンストップしない上に、「もっと強く踏め」的な表示が出るので、ちょっとウザいし。
でもルーテシアは、そんなことありません。
ギアと速度と…あとバッテリー残量と外気温ですね。
この4つの条件が揃えば、ちゃんとアイドリングストップが作動します。
なので…冬場はあんまり作動しません(^^ゞ
まったくしないわけじゃないんですけどね。
で、始動時ですが、作動音は思ったほど大きくありません。
振動と低音が多少響くぐらいですね。
車種によっては、あからさまに…セルモーターにスピーカーでも付いてるの?ってぐらいクランキングの音が聞こえるのもありますが、それはほぼ聞こえません。
問題があるとすれば…信号が赤で、ゆっくり停車するところで、ちょうど信号が青になったときですね。
エンジン止まっちゃうんですよ(^^ゞ
ちょっと慌てちゃいますね(笑)
クラッチを踏み続けていれば、再始動しますが、この場合はちょっとタイムラグあります。
あとエンジン停止中は、エアコンが効きません。
プリウスのように電動コンプレッサーがついてるとか、スズキのSエネチャージ車についてるエコクールなどの機構が無いので、冷媒が働かないんですね。
なので夏場暑い時などは、アイドリングストップ〜始動直後はもわっとしちゃいます。
ということで、夏場は時々アイドリングストップをOFFにしたりしてました(^^ゞ
でもそれぐらいかなぁ…
あ、電気のたぐいは、始動時の点滅や、オーディオの途切れなどがないのはすばらしいですね。
国産車だとライトなど点滅したりしますが、ルーテシアは電気の回路がちがうのでしょう。
そういうのがないのはいいですね。

・ピアノブラックの内装
なんと日本語表示可能〜.jpg
これ、やはりちょっと気になるのです。
手垢もそうなんですが、つやつやつるつるだからか、ホコリが乗りやすいんです。
で、つやつやなので、荒いタオルなどで拭くと、あからさまに傷がついちゃう。
なので、ここ気を使いますね。
なので、車内に微細系のクロスを1枚積んでまして、それでサッとホコリを落としたりしてます。
まだタッチパネル式の操作系じゃなくてよかったですけどね。
あれは…どんどん曇ってくるんですよね^^;

・足回り
やはりとてもいいバランスだと思います。
やわらかすぎず、硬すぎず。
でもスタビリティは抜群で、衝撃の吸収もかなり高レベルです。
もちろん大きな段差では衝撃ありますけど、それくらいはね…しょうがないでしょう(^^ゞ
欲を言えば、あと2cm車高を低くして、もう少しだけ伸び側の減衰量があれば完璧です(笑)
だからか、社外のショックが皆無に等しいという(笑)
知ってる限り、KONIのSTR-Tのみ…
う〜ん、まぁ変える必要はないですな(^^ゞ

・エンジン
この車を選ぶにあたり、その理由の半分はこのエンジンを占めてると行ってもいいH4B型エンジン。

日産のHR系列(ノート、マーチ、ティーダなど)のエンジンをベースに、ルノーがさらに手を加えたエンジンですね。
直列3気筒897ccで、カム駆動はDOHC、そして吸気側にはVVTも搭載。
ええっと大まかな仕組みだけでいうと、そんなに変わったエンジンじゃありません。
ターボはエキマニ一体型のボルグワーナー製(旧KKK)のタービンを使用し、最大出力は90PS(5000回転時)、最大トルクは14.2kgm(2000回転時)を発生させてます。
ええ、出力的にも、特別なものはありません。
一応リッターあたり100PSではありますけどもね(^^ゞ
圧縮比は海外のサイトを参考にすると、たぶん9.5ぐらい。
マイナーチェンジでトルクの出力と、それぞれの最大出力発生回転数が変わってるので、もしかしたら違う可能性も否めませんが、ポート噴射式のターボ車としては比較的圧縮は高い方。
今のダウンサウジングターボと言われるエンジンは、燃料の噴射がほとんど直噴式を採用しているので、もっと圧縮比が高いです。
なので、数字だけ見ると、そんなに飛び抜けてすごいエンジンって感じはしませんが…

…これ、実際は良いエンジン…パワーユニットだと思います。

で、1年乗ってみて、どういうエンジンなのかなっていうのを考えたんですが、簡単に言うと…
…低燃費仕様のエンジンに、ターボで無理やりパワーアップさせたエンジン…
というのが、一番しっくり来る感じですね。
エンジンの機構を見ると、かなり低燃費仕様に仕立てた設計なんだって改めて思うからです。
ピストンにグラファイトシートを貼り付けてフリクションを抑えていたり、オフセットクランクシャフトを採用して、横方向の摩擦を減らし、さらに膨張時間を少し長く、圧縮時間を少し短く…つまりポンピングロスを抑えた仕組み(ちょっとだけアトキンソン(ミラー)サイクルっぽく)にしているあたり…それも運転していて、そのトルク感でわかります。
あとは3気筒化することで、1シリンダー分の重さと抵抗を減らしているという点も見逃せません。
そのせいで、雑に乗っても、そこそこの燃費で走れますし、低回転でも案外粘ってくれます。
ただそんな機構なので、空ぶかしでは吹け上がりが全然鋭くありません。
全然スポーティじゃない。

このマフラーサウンドを撮った時の動画。
最後の吹かしあげるところ…あれアクセル全開です。
もしかしたら、電子制御スロットルが制御しちゃってて、バタフライが全開になってないかも知れませんが、それにしても遅い吹け上がり。
あと、オフセットクランクシャフトに加えて、フライホイールもかなり重たい仕様にしてあると思います。
おかげでトルクが出ていますが、エンジンブレーキもあまり効きません。
燃費にはいいですけどね。
アクセル全閉でも、かなり惰性で走れますから、その間燃料カットされますからね。
よって、やはり高回転には向かないエンジンでしょう。
でも、この小排気量エンジンで、ターボが付いているとは言え、あのトルク感はさすがだと思います。
踏み込めば、伸びもなかなか良いので、ルーテシア3に比べて加速感が違います。
よって、嫁さんはブーストを抑えた「ECOモード」のほうが安心するっていいます(笑)
いかにもターボパワーって感じで、ぎゅ〜〜〜〜んって伸びますからね。
ターボタグもありますし。
確かに低回転からちゃんと回るタービンですが、やはりコンプレッサー側が排気量に対して大きめな(見た感じ三菱GTO(3000ccツインターボ)の純正TD04に近いぐらい大きい)ハイフロータイプと思われるので、出力が出るまでにラグがあるんですね。
で、その出力特性も面白くてですね…
アイドリング〜2000回転までの低回転域のパワー感は「/」って感じで…
2000回転〜4500回転までの中回転域のパワー感は「ー」…
4500回転〜レッドゾーンの6000回転では、また「/」って感じのパワー感。
つまり低回転と高回転ではぎゅ〜〜〜〜んって伸びる感はあるんですが、中回転ではNA?って感じの伸び感なんです。
ということで組み替えて装着.jpg
…まぁ吸排気をいじってから、より顕著なんですが(^^ゞ(笑)
で、OBDスキャナのAL319によライブデータ表示を見たら面白いんですが、4500回転まではどうあがいても190kpa〜200kpa…つまりブースト0.9〜1.0kg/cm3までしか掛からないんです。
でも4500回転を超えると…220kpa(1.2kg/cm3)…場合によっては瞬間的に240kpa(1.4kg/cm3)もブーストが掛かります。

…おもしろい(笑)

たぶん各センサーで計測して、過給圧がそうなるように純正ブローオフを制御してるんだとおもいます。
タービンのアクチュエーターからのホースが、MAPセンサーとブローオフにしか行ってませんしね。
ただこうわかると、そのフラットな中回転域をどうにかしたくなって、さらに高回転でパワーを出したくなりますな(笑)
まぁ…どこかにチューニングECUもあるようですし…(謎)
まぁ…奮発すれば…HKSのFconVproという手も…(爆)
…好みに仕立てたいなら、様々なコントロールを書き換えられる…FconVproか…(大謎)

ま、それは…おいおいと?(大謎)

・ECOモード
これ、スロットルと過給圧を130kpa(0.3kg/cm3)までに制御して、あとエアコンもかな?
いずれにしても特性を燃費仕様に仕立てられる仕様。
これ、乗り続けていくに連れて、この仕様が…このエンジンの本当の仕様なのでは?って思うようになりました。
確かに遅い…恐らく最大出力にしたら、軽自動車のターボぐらいだと思います。
パワー感がそんな感じです。
でもECOモードだと、上に書いたような出力特性じゃなく、低回転以外はずっとフラットトルクな感じになります。
ターボでパワーを出さない分エンジンが騒がしくなりますが、でも悪くない。
そしてやっぱり…ECOモードは燃費が良い…。
ノーマルモードでも充分に燃費良いですが、さらに良くなります。
そして高回転まで回したときの頑張ってる感…嫌いじゃない。
あ、遅いけど、なんか良いかも?って思うようになってくるんです。
もちろんターボがかかってるので、トルクは厚いんですよ。
なので、ふつうに走ってる分には充分で、しかもエンジンの仕様がエコな…惰性で走る感が強いので、運転してて案外楽なのです。
あ、こういうエンジンなんだ…こういう仕様なんだって。
なので、最近はECOモードばっかりになってます(笑)
でも…これになれちゃうと、ノーマルモードがもったいないので、近い内にまたノーマルモードで乗ろうっと(笑)
っていうか、エンジン慣らしをしている間は、早くノーマルモードで、高回転まで使って走りたいって思ったものなんですけどね(^^ゞ
今はECOモードで、高回転までこき使ってるのが、案外面白くて…(笑)
ま、いいや。
気分で切り替えようと思います(笑)

・ギア比
ルーテシア3のベースグレードに比べて、扱いやすくなりましたね。
ターボのトルクが効いているのもあって、街中でも郊外でもいい感じです。
4速2000回転ぐらいで、時速60kmぐらい。
5速2650回転ぐらいで、時速100kmぐらいです。
低燃費に走ろうとした場合、5速だと時速70kmぐらい、4速だと時速50kmがすごく良いです。
瞬間燃費表示にすると、これらはだいたい2.5〜3.5L/100km…
つまりリッター40km〜28kmぐらいで、淡々と走れるようになるんです。
あ、この誤差はアクセルの踏み具合やECOモードで変わるわけですが、極端なことをしない限りこの数字で行けるので、いい感じで低燃費に走れちゃいます。
もちろん流れに合わせた走行もバッチリで。
しかもこれ、MT車ですから…運転も楽しい(笑)
パワーが無いので、速さを求めたらダメダメですが、エンジンも含めて日常で十分に楽しめるギアになってて、とてもいい感じです(^^)

ということで、そんな感じです(笑)
あとはね、車内も充分に広いし…現行のデミオよりも全長短いのにね(^^ゞ
トランクもこの手にしては広いし、そしてデザインもカッコいいし(笑)
あ、傾斜の強くなったフロントガラスの影響による、ダッシュボードの長さは慣れました(^^ゞ
当初…というか、マイナーチェンジ前の試乗車に乗った時は、ちょっと気になったもんですが(笑)
あと内装のプラスチック感…とか(^^ゞ
マイナーチェンジでハンドルが全革巻きになったのと、シフトノブの形状が変わったのもいいところです。
あ、オーディオが未だにちょっと…う〜ん…^^;
圧縮音源(WMA、MP4(M4a)、MP3)しか対応してないので…音質が…特に高音域…
そこが不満かなぁ…ま、波形編集して、m4aに変換してやれば、多少マシにはなりますが…
やっぱりせめてWAV(せめて44.1khz、16bit)には対応してほしかったなと…完全にUSB供給式にしちゃうのであれば(^^ゞ
ハイレゾは重たいだけで、そうでもないですしね(笑)

ということで、まだ1年しか乗ってませんが…もっともっと今後は楽しく乗っていきたいと思います。
嫁さんもロングドライブにやたらと行きたがりますからね(笑)

ということで、今日はこの辺で(^^)





posted by つばさっち at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | こんこん号R
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184890105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック