2009年03月04日

マフラーが狙った音質に変ってきました(^^♪

雪解けが進んでいるなぁ…って思うつばさっちです(^^ゞ

…新品のスタッドレスタイヤが、来月初旬には外される予定ですが、せめてもう少し効き具合を味わいたいなと、回りから非難されそうなことを考えてしまいます(爆)

さて、先月作り直されたマフラー。
実は徐々に音質が変ってきてました。
少しずつ少しずつ乾いた感じの音質になっていったんですね。

要はグラスウールが経たってきているだけなんですが(^^ゞ
って、初期の経たりってありますからね。
いうなれば、「馴染み」ってヤツですね。
「抜けきる」とはまた違います。
それで今週に入ってから、完全に馴染みきったようで、その音質が、私の狙った音質、音量となってきました。

普段はそこそこの音量で、踏み込めばレーシーな音量に。
音質は乾いた音質となり、踏み込めばさらにレーシーなバリバリ直前サウンドとなりました(^^♪
しかも前のスーパースプリントのタイコのときとは違い、音質の変化が極端ではないので、普段乗りの状態では、ちょっと音が大きめな…保安基準適合サウンドなので、「音大きいネェ…」ぐらいで済まされるレベルで走れるので、あんまり気を遣わないで走れるんですね〜。

いや〜これは良い!
しかも全開踏み込めば、レーシーなサウンドになって、マフラーを変えてからはトルク特性がいい感じにもなっていたので、非常に気持ちいです。

当初はちょっと私的には静かだなぁ…って思ってたんですけど、どうせ経たってくるから、待っていれば良い感じになるだろうとは思ってました。

ええ、その通りになりました(^^)/~~~
うん、これはホントにうれしい!
ここまで来るのに6年掛りましたよ。
お金はもう…マフラーだけで幾ら使ったか(爆)

そしてたぶん、これ以上にやかましくなることも無いと思うんです。
パブリックさんのタイコって、ホントに良く出来ているので、そこは信頼してるんですよねぇ(^^ゞ
知り合いのクルマのマフラーも、ある程度の音量になってからは、ホントに変化が無いんです。
数年経っても。
いや〜ホントうれしい!
あまりにうれしいので、ブログに書いちゃいました(^^ゞ
後日動画を取り直して、こんこん号のページ、パーツインプレの記事を修正予定。
それを待ってください。
今の音質、音量を公開できるようにしますので(^^♪

タイコは1つ、ストレート構造のタイコの長さを短めにしつつ、太さを持たせて容量を稼ぎ、パイプ径は50φ。
イメージしたマフラーは、インプレッサの0カーのマフラー。
…ええ、2年ぐらい前にSCENEさんに入っていた0カーインプレッサのマフラーが、これに似た感じのマフラーだったんです。
リアにタイコが1つだけで、テールパイプは細い(たぶん60φぐらい)んですけど、タイコは結構大きかったんです。
P’sワンオフマフラーのマフラー全景.jpg
↑これはこんこん号の今のマフラーだけど、テールの形状は違うけど、見た目はこんな感じでした。

こんな感じにしたら、ああいう音になるのかな?ってその時から思ってたんですね。
そしたら、そんな感じな音質になったんです。
0カーって、一応建前上でも行動走行可能な車両のはず(つまりナンバーつき)なので、「車検OKなレーシーなサウンドを持つ高効率マフラ−」って勝手に思ってたんです。
そこを狙った今回のマフラー。
いや〜このままで居て欲しいな〜。
これ以上今後爆音化しなければ、本当に大成功なマフラーとなるでしょう。

ええ、切実にそう期待したいと思います。


posted by つばさっち at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | こんこん号
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27370893

この記事へのトラックバック