2009年12月04日

ホイールボルト交換&他、気づいたこと。

今日は真冬日だったんでしょうか?つばさっちです。

朝のうちはマイナス5℃、10時近くになってもマイナス3℃。
仕事から帰ってくるときはマイナス6℃。
…寒かったですもんねぇ…今日は。
…今は大丈夫ですけど、あとで風邪引くかも^_^;

と、そんな寒い中、仕事が終わった後に、ノアチラス号のホイールボルトを交換しました。
アルミホイール用の黒ボルト.jpg

ヤフオクでGETです。
あ、画像はヤフオクからパクリました(爆)
黒いボルトが欲しかったというのもありますが、欧州車の場合ボルト固定なので、長さとかもちゃんとしたものでないと、もしかしたら危ないわけですね。
あとスチールホイール用と、アルミホイール用と使い分けないといけないんです。
これまでノアチラス号は、スチールホイール用のボルトを使ってました。
夏用タイヤが純正スチールホイールなので。
それをとりあえずそのまま使ってたんです。
どのサイズがわからないのもあって。
で、ネットで検索してみたら、なんとかわかりまして、それをヤフオクで検索してGETしたわけです。

このボルトの首下(ネジ部分)の長さと、太さ、ネジピッチ、テーパー角と4つも合ってないとヤバいんです。
長さが長すぎると、ハブの向こう側の何かに干渉しちゃいますし、短すぎると外れやすくなります。
太さは…これは合わないとね(^^ゞ
ネジピッチも…これも合わないとネジ合いませんもんね(^^ゞ
あとテーパー角。
これ国産車用のホイールナットでもありますよね。
ふつうのと、鋭いのと。
それと一緒です。
で、検索したら、ルノー車は、M12×1.5 首下29mm テーパー角70°ということらしいので、それをGET。

で、外してみた純正ホイールボルトと比べると…

…首下(ネジ)の長さが5mmぐらい違う!?
今回のボルトの方が5mmぐらい長い!?

ええ、装着させて速攻にクルマを前後させてみたのは言うまでもありません(笑)

って、ちょっと考えたら、今回のはアルミホイール用だから、長くて当然なんだなとすぐに納得。
ほら、アルミホイールとスチールホイールじゃ、肉厚が違いますもんね。
その肉厚分アルミホイール用のほうが長くないと、同じにならないと。
ということで、これから欧州車に乗りたいってみなさま、この辺もご参考ください。
…適合はご自分でお調べください(爆)

で、ここから先は気づいたこと。

気づいたこと1。

ノアチラス号納車後に公開した画像で、助手席側のAピラー内張りのことがありましたよね?
変に浮いていると。
微妙に浮いてるAピラーのトリム.jpg

これの理由が、なんとなくわかりました。
ノアチラス号の、車検証入れの中に、1つの説明書があったんです。
パナソニックのETC。
でもノアチラス号には、ETCが装備されてません。
つまり、過去にETCを付けていて、手放すときに外したんだと思います。
で、その名残が、あの内張りの浮き具合だったんだと思います。
それに加えて、変にずれているグローブボックスもその所為だと思います。
右下がりのグローブボックス.jpg

たぶん配線を隠すのに、グローブボックスを外そうとしたんだと思います。
で、外したんですけど、どこかおかしくなったんでしょうね。
引っかかる部分とか。
それで右下がりになったちゃってます。

ということいしました(^^ゞ

気づいたこと2。
これも以前に紹介したものですけど…
青は再生可能部品だったかな?.jpg

緑の部分がリサイクル可能部分.jpg

これ、ルーテシアの取扱説明書のページなんですけど…
あ、画像がぼやけているのは、携帯で撮ったからです。
すんませんねぇ…(^^ゞ

この図の緑色に塗られている部分が、「リサイクルされたプラスチック製の部品」ということらしいです。
で、この2枚目の画像で行くと、やはりトレーリングアームは樹脂で出来ているということを示してますよね?
しかもリサイクルされた樹脂部品。
でも、実際は…?
指で触った程度ですけど、その感触だと金属っぽいんですよね。
爪で叩いてみても、金属っぽい。
これは…どっちなんでしょうねぇ…?
ただここを樹脂で作るとなると、相当強度を高く作らないとダメでしょうね。
無論車体を支える部分ですし、また左右のよじれもここで受け止めるわけですから。
今度ちゃんとリフトアップする機会があったら、もっとちゃんと見てみたいですね。

気づいたこと3。
今回のスタッドレスタイヤです。
気づいたので、おととい〜昨日に掛けて、ホームページを修正してました。
タイヤサイズなのですが、今回のタイヤは、195/55R15。
で、ロードインデックスは89なんです。
ほら、ふつう195/55R15って言うサイズは、ロードインデックス84〜85が標準ですよね?
…そう、このタイヤ「EXTRA LOAD(短縮形:XL)」なんです。
荷重強化仕様。
195/55R15 89T。
ドライ適正強化に加え、荷重強化仕様でもありました。
荷重強化仕様って言うのは、欧州車ではたまに見かけるものです。
小さいタイヤでも、一回り大きいサイズぐらいのロードインデックスになっているタイヤ。
そうすることで、強化した足回りや、荷物を多く積むような車に小さいタイヤで適合できると言う事ですね。
今回の場合は、これしかサイズが無かっただけなんですが、たまたまXL仕様となりました。
ちなみにXL仕様は、標準仕様に比べて、1本あたり大体2〜3割増しぐらいの価格になってしまいます。
と考えると、コンチネンタルは安いかもしれません。
価格はというと、若干お友達価格になっているので、参考になるかどうかはわかりませんが、4本で税込み¥84,000でした。
国産スタッドレスの上位メーカーと大差ない価格での販売だったわけですが、XL仕様でこの価格です。
じゃ、単純に3割引してみると、4本で¥56,000になるので、すごく安いです。
2割引にしても、¥64,000ですから安いですよね?
同サイズのスポーツラジアル〜ハイグリップラジアルぐらいの価格にまで下がってしまいますから。
ということで、まだ凍結路面でのインプレッションが出来ていませんが、それ次第ではかなりお勧めできると思います。
寒冷地、積雪地じゃないところで使用するのであれば、これがいいかもしれません。
高速仕様(Tレンジ)でもあるので、雪が無いところを高速で走っても安心ですしね。
…あとはどうかなぁ?凍結路面でそこそこ効けば、私的には満足度が高いです。
楽しみですねぇ…

さ、明日働けば休み…ガンダム戦記やって寝ようっと(大謎)






posted by つばさっち at 23:49| Comment(3) | TrackBack(0) | ノーチラス号
この記事へのコメント
マイナス6度とか寒くて死んじゃう、静岡県民はしんじゃ居ます。

(でも北海道から来てた期間工の人はセーター類しか持ってなくて風に体温奪われまくりで静岡風凄くて死ぬって言ってた)
Posted by TargetZone! at 2009年12月05日 01:44
米沢はまだ、+5℃とか3℃の世界ですから・・・
北海道から見たら、まだ暖かいほうなんでしょうね。

実際今年はあんまり寒くないかな。
11月の頭のほうが寒かったですね。その時は一応雪も降ったので。

こないだコンビニの駐車場で、私の車の隣にプジョーの307の青いのが停まってて・・・
「ちょっとイイかも♪」って思っちゃったのは内緒です(爆
Posted by ゆぅ at 2009年12月05日 07:46
>Targetzone!さん
いや〜その道民の気持ちわかりますね〜。
こちらと、そちらの寒さの質が違うんですよ。
こちらは気温は冷え込むけど、吹雪いてないとき以外は、あまり風が無いから、むしろ空気が綺麗ですっきりした感じです。
確かに寒いのは寒いんですけど、体に寒さが刺さってこないんです。
でも+2〜3℃のビュービュー風吹いているときは、すんごい寒く感じます。
体に寒さが刺さるんですよね。
しかも強風なので、身動きもとりにくい。
きっとこちらの寒さを体感していただければ、わかっていただけると思います(笑)

>ゆぅさん
おぉ…山形でもそれくらいの気温ですかぁ…
きっとこれからですよ〜。
こちらは、今日一応雪が沢山降ってますが、気温が0度近辺なので、ちょいと微妙です。

で、プジョー307…
独特ですよ〜。
おしゃれですけど、エンジンはビュンビュン系じゃない(まぁ欧州車は概ねそうだけど)ので、どうかなぁ?(^^ゞ
ちなみに307は、元々フェンダーがプラスチックで出来ています(^^♪
Posted by つばさっち at 2009年12月05日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34015894

この記事へのトラックバック