2010年02月06日

ファンが弱いなぁ&今年のいじり計画

さて、1日で3日分書こうという今回のブログ。
これはそのBです、つばさっちです。

もう疲れました(爆)
でも書くって決めたので、書きますよ〜。
また後で書こうと思うと、めんどくさくなっちゃいますしね(^^ゞ

ということで、今日はノーチラス号のお話。
ここ最近めちゃめちゃ寒い札幌。
朝晩はあたり前のようにマイナス二桁気温。
ここはロシアか?カムチャッカか?かというような寒さ。
ホント、今季は私の人生の中で、一番寒い札幌です。
でもノーチラス号は、ラテン車なのに、この過酷な環境をがんばってくれてます。
ただ…ファンが弱い^^;
特に足元からの風が弱い…最大にしても国産車の1〜2番目ぐらいの弱さ。
でも前側ダクトとかからの風は、それほど弱くも無いんですよね。
あまり最大にしたことが無かったので、これまで気づかなかったんですが。
ただ、ダクトを切り替えるダイヤルの動きは、当初から変だったんですよね。
まわすと、抵抗がある時と無いとき…というか、その位置がおかしいがあるんですよ。
まだ保証期間ギリギリあるので、明日にでもルノー札幌に見てもらおうかと思います。
ダクトのズレぐらいならいいんですけど…中のシャッターがおかしくなっていたら嫌だなぁ…これは国産車でも高いので、もしそうだった場合は目を瞑ることにします(爆)
逆にエアコンフィルター換えたら通気がよくなって風が強くなることもたまにあるので、それで済んだらいいなぁ(^^ゞ

>今年のいじり計画
大方考えをまとめました。
サーキットは走りたい。
でもお金はホントにかけられない。
じゃ、ホントに最低限サーキットに走るために必要なものは?というのを考えるわけです。
タイヤはとりあえず、こんこん号の遺品があるのでなんとか大丈夫。
磨耗してますけど、致命的ではないですし(^^ゞ
ただ、間違いなく来年はタイヤ買い替えになるでしょう。
その際は、もしかしたら懐次第ではインチアップもする可能性があるので…どうなるかな?

で、必要なものですが…
・ブレーキパッド(フロント)
・フルバケットシート
・シートベルト
・スパークプラグ(サーキット用)
・抜けのいいマフラー
以上の5点だろう、ということになりました。

まずブレーキパッドは必要でしょう。
スポーツ走行は、制動力はまだしも、熱がすごいですからね。
耐熱性の強い、フェードもしないパッドを選択しないとマズいですから。
とりあえず、銘柄はDIXCELのタイプZあたりかな?
…まぁそれくらいしか、私が調べたところ見当たらなかったんですけどね(^^ゞ
他にもないかなぁ…
こんこん号で、タイプZはいい思い出が無いので、できれば違うのがいいところ。
でも無いなら仕方が無い、純正よりはマシだろうという事で、とりあえずこれですね。

シートも必須ですね。
純正シートは、乗り心地はいいんですよ。
サポートも、あの形状にしてはまぁまぁ。
ゆったり系なんですけどね、すわり心地は満点です。
ただシート位置が高いので、スピード出すと怖いんです。
またコーナー攻めると、サポートも弱いですしね。
できればスパルコのシートにしたいです。
全部布地で覆われていて、サイド止めできる安いシートといえば、スパルコのスプリントなので。
色も明るい色がありますしね(^^ゞ

あわせて、4点のシートベルトも。
これないと、がっちり行けませんからね。
またこれつけると、やる気出ますし(笑)
これはサベルトのクラブマンBとかでいいかな?
…って、こんこん号で使っていたものと同じものですけどね(^^ゞ
いまさらですが、シートベルトはずして置けばよかった(爆)
シートごとさよならしちゃいましたからね(笑)
まぁいいや、シートもシートレールもシートベルトも、丸ごとSCENEさんにお願いしようと思っているので(^^ゞ

あ、なんでもシートレール側に、ちゃんとエアバッグのキャンセル用カプラーが付いているらしいので、ちゃんと取り付けできるようです。
あとははずした純正シートをどうするか…まぁフルバケにしたらもう不要なものなので、処分するのが適当ですが…これは伊丹とか石上とかで買い取ってもらおうかな?
エアバッグ付きですしね。

そして忘れてはならない、スパークプラグ。
ノーマルプラグでスポーツ走行なんて挑んだら、あっというまに寿命来ますからね。
あ、ノーチラス号のプラグは、三極式のNGK品番でBKR〜系なんですね。
って、純正プラグがNGK製ですけど(笑)
なので、BKR系のイリジウムとか使えるわけですが、普段は純正プラグで充分ですし、丈夫系プラグはサーキットだけでいいや…って思ったので、思い切ってレーシングプラグに手を出そうとおもぅてます。
熱価が純正で6番なので、8〜9番で充分でしょう。
で、調べてみたら、R7433という品番とR6888Aという品番があります。
R7433は、ふつうの形状のイリジウムプラグですが、R6888Aは、2極式のニッケル電極。
…どっちがいいんでしょうねぇ…
そもそも3極式を採用しているノーチラス号。
…って、欧州車は大概2〜4極式のプラグを採用してますけどね。
高い耐久性と必要要求電圧を下げるのに必要なんでしょう。
そもそも1極式を採用しているのであれば、R7433に決定なのですが、ここは迷いどころですね。
そもそもそれほど持続的な高い耐久性は要らないので、イリジウムでなくてもいいですし。
ここは後日にでもNGKへ質問したいと思います。

そして、私的にここははずせないだろう…

…マフラー(爆)

ほら、私的にね(笑)



って、いやいや、ちゃんとした理由もあるんですよ〜。



あ、信じてないな(泣)

あのですね、詰まったマフラーだと、スポーツ走行にはエンジンに負担が大きいんですよ。
聞いたことありません?
インナーサイレンサー装着したまま全開走行しないでください…とか。
マフラーが詰まっていると、高回転高負荷のときに、排気ガスが逆流して、その逆方向の圧力(背圧)が高くなるんですよ。
すると、その圧力がバルブを突き上げようとするわけです。
常時。
すると次第にバルブシートを磨耗させると共に、バルブを浮かせようとするので、圧縮漏れが起こるんです。
最終的にはガチャガチャといい出しトルクダウン。
ヘッドOHコースとなるわけです。
ね?大事でしょ?
ましてや出来るだけ長く乗ろうと思ってますから、大事です。
実際過去の「自動車整備」で、アラカルトネタのところにありましたからね。
なんだっけかなぁ…カローラワゴンにスーパートラップと思われるマフラーをつけていた車両が、その症状になってたようです。
2つのシリンダーの圧縮が全然無い状態になってたんですね。
これ見たら、怖いでしょ?
なので、マフラーも必須です。
無論、性能も音も…ですけどね(^^ゞ



むしろ、性能も音も…ですけどね(爆)



いやいや、これも必須ということで(^^ゞ

ということで、とりあえずこんな計画です。
足回りはノーマルで行きます。
チューンナップ方向も、プラグ、マフラー以外はノーマルで…って、他はせいぜいエアクリーナーやエキマニぐらいでしょうけど。
で、これでどれくらいお金が必要か…
まぁマフラー以外はクレジットですけどね。
10万で収まるといいなぁ…収まんないなぁ…(笑)

15万で収まるといいなぁ…シートレールとプラグがいくらするかだなぁ…






posted by つばさっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノーチラス号
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35177123
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック